栃木県のおすすめファクタリング会社【安心して利用するために】

画像

こちらは栃木県や、北関東エリアで資金調達やファクタリング業者をお探しの方向けの記事です。 栃木県内の企業や個人事業主におすすめの資金調達、ファクタリング会社を安心して選べるように紹介していきます。 栃木県や北関東エリアを拠点にしているファクタリング会社は地域密着型のプラン等あれば大いにメリットを得られるでしょう。 しかし、最近ではオンラインで取引を進めることが出来る会社も増えておりますので、一概に拠点を栃木県にしている会社だけがおすすめとは言い切れないのも事実です。 ではどちらの方針の会社が良いのでしょうか。また、どちらの会社の方が安心して利用することが出来るでしょうか。 詳しく紹介していきます。 紹介する前に栃木県ではいくつもの市がありますが、大きく分けて県北、県央、県南エリアの3つのエリアに分けることがで出来ます。地域ごとに紹介する場合はこちらの3つのエリアでの紹介になりますのでご了承下さい。   ※こちらのサイトでのエリア区分について補足させていただきます。 県北エリアでは、日光市の日光地区、大田原市、那須塩原市、那須郡那須町からなる那須地区と矢板市、さくら市、塩谷郡からなる南那須地区の3つの地区のことをこちらのサイトでは指します。 県央エリアでは、宇都宮市、河内郡からなる宇都宮地区、鹿沼市の鹿沼地区と真岡市、芳賀郡からなる真岡地区の3つの地区のことをこちらでは指します。 県南エリアでは、足利市、佐野市からなる安足地区、栃木市、下都賀郡壬生町からなる栃木地区と小山市、下野市、下都賀郡野木町からなる小山地区の3つの地区のことをこちらでは指します。

栃木県・北関東エリアについて

栃木県 ファクタング会社 口コミ 評判 安心

資金調達を行う際、まず最初にお探しする場合、銀行を調べることが多いと思われます。 栃木県で地方銀行と言えば栃木銀行と思われがちですが、一番利用されている地方銀行は足利銀行です。 こちらの足利銀行、栃木銀行に加え、群馬銀行や常陽銀行、各信金を利用されている方が多いです。 都市銀行ではみずほ銀行や三井住友銀行が多いです。 あとはゆうちょ銀行を利用されている方もいます。 これらの銀行は個人利用も多いですが企業としても融資を受けている場合が多いのではないでしょうか。 これらの銀行に資金調達をお願いしようとする方もいらっしゃるかと思いますが、銀行だけ見て決めるのではなくファクタリング業者も一緒に比較して見ることをおすすめします。

栃木県のファクタリング会社を選ぶ前に

栃木県のファクタリング会社の紹介の前に、ファクタリング会社を安心して選べるようにファクタリングについての簡単な説明と、ファクタリング会社を選ぶ前に知っておいた方がいい事、ファクタリング会社を検討する際に比較しておくべきポイントを記載していきます。 あまりファクタリングについてよくわかっていないよ、という方にもわかりやすく説明していければと思います。

ファクタリングについて

そもそもファクタリングとはどういう意味なのか、ファクタリングと銀行融資、ローンとはどういう違いなのか。まずはこういったところから説明していければと思います。 ファクタリングを安心して利用するためにも、用語等の意味を理解しておくことは大切です。 まず、ファクタリングと銀行融資、ローンとの大きな違いです。 銀行融資、ローンはお金を借りる、ということが前提ですが、ファクタリングはお金を借りるわけではありません。 自分たちが持っている”売掛債権”というものを相手のファクタリング会社に買い取ってもらうことで、手数料を除いた金額を受け取る、という流れになります。 この売掛債権とは一体どういうものなのでしょうか。 こちらは品物の販売やサービスの提供をした会社が、取引先や顧客から代金の支払いを受ける権利のことになります。売掛債権という言葉以外にも”売上債権”と呼ばれることもあります。 少し前ですと「手形」という形での取引が多かったです。 ここでいう「手形」というのは、額面上の金額を一定の期日までに支払うことを約束した証書、のことを指します。 しかし「手形」での取引は徐々に減ってきており、今ではピーク時の10分の1にまで減っているとまで言われております。 紙ベースですと別途費用がかかったりするのもあり、手形での取引を行う場合でも電子手形での取引になってきています。 また、手形での取引というよりも現金の後払いというのが一般的になってきているのでそこでファクタリングが普及してきた、という次第です。 話が逸れてしまいましたが、銀行融資やローンと違い、借り入れというわけではないので利用後に返済に追われる等の心配はしなくても大丈夫です。安心してご利用することが出来ます。

確認事項

重要語句を確認した後は自社自身について確認していきます。 ファクタリングを利用するにあたっての予算はもちろんのこと、調達にあたって早急に必要なのかまだ幾分か余裕があるのか、業種によっては所有している債権の種類が何か把握しておく必要があります。 最後の部分ですが、医療債権、建設業債権等の業種債権の場合はファクタリング会社によって金額が大きく変わってきます。ファクタリング会社にもそれぞれ得手不得手がありますのでご自身のお持ちの債権、手数料等の予算、期日など事前に把握しておくとファクタリング会社を選定する際によりスムーズになります。 また、予算や期日などの優先順位も決めておくと良いでしょう。 即日入金がご希望の場合、手数料等が高くなってしまう事もあります。 もし想像よりも手数料等が高かった場合、予算を超えても即日を希望するのか、手数料を少しでも抑えるために期日を伸ばすのか等、事前にシミュレートしておくといざ利用する時に決断がしやすくなります。

栃木県のファクタリング会社の比較するポイント

続いてファクタリング会社を安心して利用するために、栃木県のファクタリング会社を選ぶポイントについて記載していきます。

栃木県のファクタリング会社の比較するポイント①

まずはそれぞれの会社を比較するポイント①です。 まずは各ファクタリング会社の特徴を照らし合わせることです。 手数料等が大変抑えられている会社、即日やオンライン対応、取り扱っているサービスが多い等サービスが充実している会社、買取限度額の幅が大きい、または無制限等買取に対して融通が利くような会社などそれぞれ特徴、強みが各ファクタリング会社にはあります。 比較する上でどういった特徴なのか、その特徴は自分たちに求めているものなのか等照らし合わせながらファクタリング会社を選んでいただくとより安心してご利用できるでしょう。

栃木県のファクタリング会社の比較するポイント②

 

栃木県のファクタリング会社の比較するポイント③

 

栃木県でおすすめのファクタリング会社

 

企業名①

画像

項目 説明 口コミ
買取限度額
手数料
対応
その他

口コミ       公式サイトはコチラ

企業名②

画像   公式サイトはコチラ

企業名③

画像

A様 評価:★★★★☆


非常に誠実な対応でした。こちらの無理も聞いてもらい本当に助かりました。また次回もご利用させていただこうと思っております。期日のことも親身に相談に乗っていただき、こちらの担当者様であれば信頼できそうと思い決めさせていただきました。今後とも宜しくお願い致します。

企業名④

画像

公式サイトはコチラ

 

栃木県の銀行ローンとファクタリングはどちらが得か

画像   冒頭で栃木県で多く利用されている銀行は足利銀行、群馬銀行、常陽銀行などが挙げられます、と紹介しました。 足利銀行はじめ多くの銀行は資金サポートとしてローン等様々な金融商品を取り扱っています。 一般的に銀行のローンと言えば住宅ローンが思いつく方が多いと思いますが、銀行では会社用にビジネスローンというのもあります。

例えば足利銀行ですと、ビジネスローンの中で”スピードライン”というものがあります。こちらは第三者の保証が不要な迅速な審査で早い回答をもらえるローンになります。(ただし融資限度額が最高1億円、中小企業⦅法人⦆・個人事業主⦅業歴2年以上かつ決算2期以上⦆等条件はあります。)

群馬銀行では”地域活性化ファンドによる出資”など、地方密着のための融資もあります。

常陽銀行では、足利銀行の”スピードライン”と同じようなスピード対応型の”QUICK J”という商品があります。ほかにも女性の活躍推進に取り組んでいる会社向けの融資や新規クリニックの開業向けの融資など様々な商品があります。

こういった様々なビジネスローンであったり、銀行融資では商品にもよりますが、この先出せるであろう利益の何か月分もの資金を事前に調達でき、返済期間が長ければその分長期的に運用することが出来ます。 ではこういった銀行融資はファクタリングよりもお得に使うことが出来るのでしょうか。 まずは銀行融資のメリット・デメリット、ファクタリングのメリット・デメリットを見て比較してみましょう。

銀行融資のメリット

銀行融資のメリットは以下に挙げられます。

・低金利での借り入れ
・高額融資
もちろん、融資限度額が少ないものもありますが、商品によってはファクタリングを利用するよりも大きい金額を借り入れすることが出来ます。
また、低金利での借り入れが出来れば返済に苦しむ可能性がグッと下がり、自転車操業にならずに安心して運用することが出来ます。

銀行融資のデメリット

ここではデメリットというよりかは、銀行融資の際の不安事項を挙げています。

・審査の難易度が高い
・信用情報の傷や利息

銀行融資の場合、ほかの金融機関の審査に比べて審査のハードルが比較的高い傾向があります。実績が足りないと高金利になったり限度額の低下、もしくは融資自体不可になってしまう可能性もあります。 また、そうなった場合

コメント

タイトルとURLをコピーしました